dヒッツ(ディーヒッツ)の特徴と評判。

スポンサーリンク
各サービスの特徴

このページではdヒッツ(ディーヒッツ)の特徴と評判を紹介します。

関連記事 うたパスとdヒッツの違いを比較してみた。


dヒッツはドコモとレコチョクが運営するラジオ型音楽配信サービスです。dヒッツの特徴は人気邦楽アーティストの配信数がNo.1だという点でしょう。

リスくん
リスくん

スゴいね! 使うしかない!

ネコさん
ネコさん

ただいくつか注意が必要な点もあるんだ。

スポンサーリンク

dヒッツの特徴。メリットとデメリットを紹介!

dヒッツは「ラジオ型」音楽配信サービス。

dヒッツ「ラジオ型」と呼ばれる音楽配信サービスです。

「ラジオ型」は「オンデマンド型」と違って「好きな曲を検索して聴くこと」ができません

参考リンク » 「オンデマンド型」と「ラジオ型」の違い

リスくん
リスくん

え!なにそれ!じゃあどうやって聴くのさ。

ネコさん
ネコさん

dヒッツは「プログラム」と呼ばれるプレイリストを選んで、曲順に音楽を聴くことで楽しむんだ。

そう。dヒッツでは、「プログラム」ごとに音楽を再生することができます。

プログラムにはさまざまなものがあります。

こんなプログラムがあるよ

  • アーティストごとに年代別などでまとめたプログラム
  • アーティストに縛られない、年代別の人気楽曲をまとめたプログラム
  • 季節やイベントに関連する楽曲をまとめたプログラム
  • 気分やシチュエーションごとにまとめたプログラム
リスくん
リスくん

曲を指定して聴けない、ってのはデメリットだと思ったけど、こうしてみると新しい音楽に出会えて楽しみ方が広がりそうだね。

ネコさん
ネコさん

そう! それに、お気に入りの曲は「オンデマンド形式」で聴くこともできるのだ。

「myヒッツ」に登録すればオンデマンド形式でも聴ける!

dヒッツ毎月10枠ずつあたえられる「myヒッツ」に繰り返し聴きたい楽曲を登録すると、その曲だけを指定して再生したりダウンロードして楽しんだりすることもできます。

リスくん
リスくん

毎月10曲……。てことはアルバム1枚分くらいは毎月自由に聴くことができるってわけだね! それは翌月にも残るの?

ネコさん
ネコさん

もちろん! 毎月ドンドン10曲づつmyヒッツ枠は増えていくから、長く続ければ続けるほどお気に入りの曲をたくさん保存しておけるんだ!

リスくん
リスくん

(うまいこと考えるなぁ、dヒッツ……)

dヒッツは人気の邦楽楽曲配信数がNo.1!

dヒッツは人気の邦楽配信数が音楽配信サービスのなかで最も多くなっています

タップで拡大

2017年のアーティストトータルセールスランキングベスト100のうち、実に79組のアーティストが配信されているのです。

関連ページ 音楽配信サービス別人気邦楽配信数ランキング2018【最新版】

リスくん
リスくん

これってスゴいの?

ネコさん
ネコさん

たとえばApple Musicだと100組のうち61組、Spotifyだと59組の配信だからやはり抜きん出ているよね。

 

リスくん
リスくん

おお~!

そのため、邦楽が好きな人に特にオススメしたいのがこのdヒッツなのです。

ラジオ型なので月額料金は低め。

「ラジオ型」の音楽配信サービスには他にもauのうたパスなどがありますが、いずれも料金設定は低めになっているのです。

月額1,000円くらいが業界の標準ですが、dヒッツの月額料金はなんと540円(税込)

約半額の負担で聴き放題サービスを楽しめるのです。

リスくん
リスくん

どうしてラジオ型のほうが安いのかな?

ネコさん
ネコさん

アーティストも、リスナーには「新しい曲」に出会ってもらいたいはず。だから安めの使用料で楽曲を提供しているんじゃないかな。

音楽配信に抵抗のあるアーティストでも「それなら配信していいよ!」って感じるんだろうね。

リスくん
リスくん

ぼくもたしかにアーティストだったらそう考えるかも!

スポンサーリンク

dヒッツは31日間の無料体験があります!

そんなおトクなdヒッツ。まずは実際に試してみて「プログラム」や「myヒッツ」といった独自の機能を使ってみるのがいいのではないでしょうか。

dヒッツの無料体験は31日間と比較的長め。ぜひdヒッツを無料で体験してみてくださいね。

dヒッツ

「うたパス」と「dヒッツ」を徹底比較。どこが違う?料金は?
このページでは「うたパス」と「dヒッツ」の2つの音楽聴き放題サービスの特徴を比較しています。 音楽配信(聴き放題)サービスは数あれど、特に類似しているのがauの「うたパス」とドコモの「dヒッツ」。 この2つのサービスには下記のような...